第35回《歯と口の健康フェア》

『まだまだよい歯のコンクール』
『歯に関する標語・川柳』

募集のお知らせ

 
 京都歯科医師会、1市2町(行橋市、苅田町、みやこ町)主催による「歯と口の健康フェア」も地域住民の皆様による盛大なご声援、ご協力によりまして今年で第35回目を迎えることができました。
 昨年のみやこ町より今年は会場を行橋市に移しましての「歯と口の健康フェア」でございます。又、地域住民の皆様の口腔に関する認識を深めていただくよう、より多くの企画を準備致しております。

 日本歯科医師会では80才で自分の歯を20本以上残そうという「8020運動」を展開しておりますが、京都歯科医師会でもその運動の一環として80才以上の方で歯を20本以上お持ちの方の表彰を行っております。自薦、他薦を問いませんので、ふるってご応募、ご参加下さい。  
 又、「歯に関する標語・川柳」の募集もおこなっておりますので、多数の方のご応募をお待ちしております。

「まだまだよい歯のコンクール」応募について

   〈応募資格〉 80才以上で自分の歯が20本以上残っている人

   〈締切日〉  5月2日(水)先着10名様 各歯科医院からの推薦は2名様まで

          (定員になり次第締め切らせて頂きます)

   〈応募場所〉 行橋市・京都郡の各歯科医院

          行橋京都休日・夜間急患センター(歯科)

「歯に関する標語」・「歯に関する川柳」応募について

    〈内 容〉 歯に関するもの

   〈応募方法〉  官製ハガキに5点まで(学校から応募の際は、1校につき5点まで)

           *はがきに「標語」又は「川柳」とご記入の上、

           住所、氏名、年齢、性別、電話番号をお書き下さい。

   〈応募先〉  〒824-0031 福岡県行橋市西宮市5丁目1−5 

           京都歯科医師会「標語」係 または 「川柳」係

   〈締切日〉  5月2日(水)


表彰式】  第35回歯と口の健康フェア

 日 時 : 平成30年6月3日(日)午前10時

場 所 : 福岡県行橋市「ウィズゆくはし」